タッチ!あそベビー

タッチ!あそベビー
タッチ!あそベビー
ダウンロード無料
対象:0歳~3
apple
google
Kindle

タッチで楽しい!
赤ちゃん向け感覚遊びアプリ

タッチするだけでイラストや音などが楽しく変化する感覚遊びが盛り沢山!
身の回りのことへの興味を育む赤ちゃん向けアプリです。
※一部有料コンテンツがあります。

タッチ!あそベビーの特長

赤ちゃんが夢中になる遊びがいっぱい

赤ちゃんが夢中になる遊びがいっぱい

ごはん・着替え・歯磨き・料理などの日常の生活や、電車・自動車・お店屋さんなど、子供たちに身近なことのごっこ遊びを通して、様々なことへの興味関心を育む遊びがいっぱい入っています。

タッチだけで遊べる簡単操作

タッチだけで遊べる簡単操作

画面をタッチするだけで色や形が変化するので、赤ちゃんでも楽しく遊べます。初めてのアプリとしてお使いいただけるよう、操作性を考慮した子供向けのアプリです。

サッ!と使えるシンプル設計

サッ!と使えるシンプル設計

アプリの起動から1タッチで遊べるシンプル設計です。外出先でさッと使いたい時にも煩わしさがありません。

「親子対話研究」について

東京大学×ワオっち!×アニモ 親子対話研究にご協力お願い致します。

やっていただくこと
親子で普段通り遊ぶだけです。

「タッチ!あそベビー」を使って、普段どおり親子で遊ぶだけです。遊んでいる時の声や、お子さまがどこをタップしたかなどの結果が自動的に記録されます。

※本取り組みは、Android版のみで実施しています。
※従来のパックとは別に『親子対話研究』用のパックを用意しております。
※利用データは、利用者の許可なく送信されることはございません。

「親子対話研究」について

親子対話研究について

  • 大人が子供にかける声かけって子供にどんな影響があるの?
  • その時、子供の行動に何か変化はあるの?
  • 子供にとってのスマホ・タブレットの効果的な活用法は?

など、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんなどお子さまと一緒に遊ばれる方と、お子さまとの間で交わされる言葉や声かけ(親子間コミュニケーション)が、お子さまの認知的発達や活動にどう影響しているかを、東京大学開一夫教授研究室主体で研究します。結果を社会に還元し、子供たちのより健やかな発育と発達に役立てる研究です。研究成果は、東京大学「赤ちゃんラボ」サイトにて公開します。

親子対話研究について

東京大学開教授研究室について

開(ひらき)研究室では人間の認知・学習・コミュニケーションの「仕組み」を明らかにするため、乳児から成人まで幅広い年齢層を対象とした調査・研究を行っています。 たとえば、親子間コミュニケーション・社会的認知の脳内メカニズムと発達・人工物やメディアの人間への影響といった研究プロジェクトが稼動中です。

東京大学開教授研究室について

研究データの取得に関して

プレイ中に以下の項目を自動的に記録します。

  • 「遊んでいるときの声」
  • 「画面をタップしたタイミング」
  • 「コンテンツ(画面)の切り替えタイミング」

また以下の項目をプレイ前に登録していただきます。

  • お子さまの「性別」「年齢」「第1子かどうか」
  • 一緒に遊ぶおうちの方の「性別」「年代」
  • 「利用場所」

個人が特定される情報は取得いたしません。データの送信を依頼されても、通信上の問題で送信されない場合があります。
送信いただいたデータは、基本的に本研究でのみ使用します。ただし、警察等強制執行可能な機関の要請により開示することがあります。
また、システムの運用の安定性確保、不正アクセス防止あるいはセキュリティ確保のための調査に使用することがあります。通信料はお客様のご負担になります。データ定額契約等にお入りになることをお勧めします。


親子対話研究パック第1弾
「わくわくたっち」で遊んでくれた方へ

親子対話研究第1弾にご協力いただきありがとうございました。
おかげさまで研究に大変役立つ結果となりました。

引き続き、新しい親子対話研究パック「わくわく たっち その2」でも、ぜひ遊んでください。

「わくわくたっち」で遊んでくれた方へ

おうちのかたへ

自発的に手指を使った遊びができる時期に、色や形、音の変化を体験する「感覚遊び」や、近くの大人の真似をする「ごっこ遊び」を通して、周囲のことを学んでいくことができます。

リモコンを押すマネ、ぬいぐるみに食べさせるマネなど、マネは成長に大切な好奇心の表れです。
生活の様々なシーンが登場しますので、ママやパパのマネを存分にさせてあげてください。

お子さまに達成感を感じてもらうには、「鳴ったね」「転がったね」とお子さまが起こしたことに、おうちの方が大きく反応するのが一番です。

また、語彙が増えてくると、お子さま自身が「おいしいね」「食べたね」と共感を求める言葉を使ってくるシーンも増えます。是非、効果的な声かけや返事をしていただくことをおすすめします。

ワオっち!オススメ子供向け知育アプリ

ワオっち!アプリ紹介一覧へ戻る


※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Google Play は Google Inc.の商標です。
※Microsoft は米国 Microsoft Corporation の登録商標です。